CPAP治療は一度止めるとどうなるの??| 睡眠時無呼吸症候群の治療経過 170724

7月24日、月に1回の睡眠時無呼吸症候群の検査通院の日でした。

前回、自宅での簡易検査で良い結果が出たので、その後、就寝時のCPAP使用は、自分のその日の体調や状況に合わせて付けたり付けなかったり、という緩い感じにしてみました。

どんな日に使用しなかったかと言うと、、

運動をたくさんした日
個人的な練習、ランニングレッスンのお仕事の日は基本的にCPAPを付けませんでした。

前日あまり寝られなかった日
鼻のレーザー治療後、かなり鼻通りは改善したのですが、時々鼻にかさぶたができたり、鼻水が出てきたりします。(治療から1〜2ヶ月かかる人もいるそうなので、気長に、普通の状態に戻るまで待ちます)
そういう日は、夜中に苦しくなってCPAPを無意識または半分意識的に外してしまいます。
外す際に一度目が覚めるので、それなら最初から付けない方が良い、という感じです。

感覚的に「今日はいいかな」と思った日
感覚的にかなり睡眠時無呼吸症候群の症状(特に日中の倦怠感や、イライラ感、眠気)は改善していますし、自宅検査でもデータ上での改善が見られました。
「CPAPをつけることがストレスになって、かえって質の良い睡眠が取れない」
という想定があって、それは先日行った別のお医者さんでも言われたことでした。
ですので、「今日は気分良く寝られそうだなぁ」と思った日は、CPAPを付けないようにしました。

先生からも「もうCPAPを付けなくても随分と改善しているのかも」と言っていただだき調子に乗ったわけではありません(笑)

いつもなら「毎晩つけて下さいね」と言われていたのですが、今回の診察はデータを見て、CPAPを使用して寝ていると睡眠時無呼吸症候群はいつも通り改善しているし、使用していない日も効果があまり変わらないのであれば良いのでは、との事でした。

CPAP治療をやめるとどうなるの?

いつも通っている病院の先生も、「CPAPは一度やめて見る」(これは改善、治療のお大きな一歩!!)という方針なので、CPAPをやめるとどうなるのかを質問してみました。

一番気にかかるのは、費用の面でした。
CPAP自宅治療を導入するために、二泊三日の入院をして、たくさんの検査や CPAPの装着テストをするのですが、僕の場合、この検査に10万円近く治療費がかかりました。
(保険に2つ入っているので、結果的には黒字になりましたが、、、笑)

CPAPを止めて、例えば半年後にまたCPAP治療を再開したい!となった場合、また同じように入院検査をしなくてはいけないのでは、という不安がありました。

病院によって違うのかもしれませんが、基本的には「一旦中止する」ということで治療をやめるので、また再開したい時は、大掛かりな検査をするわけではなく、診察を受けるだけで大丈夫でそうです。

来週、大きな病院(最初に精密検査をした病院とは違う病院)で1泊の検査入院をして、結果がよければ、CPAP治療と月1回の定期検診から解放されます。

治療経過についてはまたアップします。

睡眠時無呼吸症候群の治療には、横寝が効果的です!!
より詳しい情報を知りたい方は、
横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)」



関連記事

治療経過2017.6.5

20170701 治療経過(自宅での簡易検査)

治療経過170808 - 睡眠時無呼吸症候群の有無と治療の効果判定

布団ではなくマットレスを使う

自力で1年半で睡眠時無呼吸症候群の治療終了しました。| 治療経過 170825 ...

著明に改善している!20170703 治療経過 (自宅での簡易検査結果)