横向き寝専用まくら「YOKONE(ヨコネ)3」で睡眠時無呼吸症候群を改善する

特許の技術で安眠をサポートする枕。日本人の43%が横向き寝。横向き寝専用枕【YOKONE】を紹介します。

横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)」

日本人の45%は横向き寝というデータがあります。 東洋医学でも横向き寝が理想とされています。 

TBS「この差ってなんですか?」で疲れを取れやすくするためにはいびきを防止する横向き寝がいいと話題になりました。

十分睡眠をとっているのに朝起きた時「疲れがとれている人」と「疲れがとれていない人」の差

専門家:梶本修身(大阪市立大学 教授)

この差は寝る時の体勢

1番疲れがとれる体勢は「横向き」です。

良く寝ても疲れが取れない1番の原因は「イビキ」です。寝ている時に首の「脂肪や筋肉」がゆるんでしまい、気道が狭くなって、「イビキ」をかいてしまいます。しかし、「横向き」で寝ると、気道が狭くならないために「イビキ」をかきづらくなるのです。

1番疲れがとれない体勢は「仰向け」です。「イビキ」をかくときに肺にとても負担がかかってしまい、風船を何千回も膨らませているのと同じくらい体力を使ってしまうからです。

寝返りをうたないようにするには、「ウエストポーチ」にテニスボールを入れて「横向き」でねるのがいいのです。

横向きでも、「体の右側」を下にして寝るのがおすすめです。「胃」の出口は右側にあるため、消化を助け、身体への負担を軽減することができるからです。

出典:TBS WEBサイト

オススメポイント1「特許技術」

「寝る」といえば一般的には、「仰向け」で寝ることが普通と思われていますが、
いびきの軽減や疲労回復には、「横向き寝」が良いとされ、最近注目を浴びています。

質の良い睡眠がとれないのは、いびきが原因の場合が多いと言われています。

いびきは、いろいろな要因で発生しますが、特に「仰向け」で寝ることで気道が潰れてしまうことによって、発生する場合が多いとされています。
(その他にストレスや鼻腔、口腔内の要因などもあります)

横向きに寝ると、気道を確保しやすくなり、呼吸がしやすくなります。

睡眠時無呼吸症候群の方には、この「横向き寝」がとても重要です。

この枕は、特許技術を使って自然に「横向き寝」になるように作られています。

オススメポイント2「横向き寝に特化した枕」

・いびきが軽減する
・睡眠時無呼吸症候群の防止になる
・腰痛が楽になる
・睡眠の質が上がる
仰向けより横向きで寝ることで、口が閉じやすくなり、鼻呼吸が楽になります。
横向き寝は本来は
体の負担が少ない、自然で楽な姿勢
ということです。

オススメポイント3「メリットが睡眠時無呼吸症候群の改善に最適」

この枕を使うメリットは以下の4つです。
・いびきが軽減する
・睡眠時無呼吸症候群の防止になる
・腰痛が楽になる
・睡眠の質が上がる

仰向けより横向きで寝ることで、口が閉じやすくなり、鼻呼吸が楽になります。
横向き寝は本来は体の負担が少ない、自然で楽な姿勢
ということです。

オススメポイント4「高さ調整ができる」

せっかく買った高い枕であっても、高さが合わなければ睡眠の質は上がりません。
この「YOKONE(ヨコネ)」は、ウレタン素材の板が入っていて、性別や体格に合わせて
高さの調整が可能です。
また、硬め、柔らかめの2パターンから選ぶこともできます。
(男性の方は硬め、女性の方は柔らかめをおすすめします)

オススメポイント5「コストパフォーマンスが高い」

この「YOKONE(ヨコネ)」の値段は18,000円(税抜)です。
枕にしては高い!と思ってしまいますが、オーダーメイドで枕を作ると5万円〜10万円以上するものがほとんどです。
18,000円(税別)で毎日の睡眠が改善され、睡眠時無呼吸症候群の症状が改善されれば、安いものです。
大手ショッピングモールでの横向き枕売り上げNO.1、新聞や雑誌、TVでも取り上げられるということはそれだけ信頼性が高いという証拠です。

横向き寝をするために、「リュックを背負って寝る」なんていう方法もありますが、毎晩リュックを背負ってなるなんて、ちょっと憂鬱です(笑
腰、肩、頭、ストレートネック、いびき、睡眠時無呼吸でお悩みの方に最適な枕です。

 

口コミや、より詳しい情報を知りたい方は、以下の公式サイトにてお確かめください。


首ストレッチ機能付き!横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)」

関連記事

夏の睡眠改善- 快適な睡眠環境を作って睡眠時無呼吸症候群を改善

睡眠時無呼吸症候群のためのおすすめ枕 2017年上半期版

睡眠日記をつけて改善する - 毎日の積み重ねでデータ分析をする

睡眠の質を高める10個の大切なこと

スマホ中毒は睡眠時無呼吸症候群を悪化させる!?

メラトニンを意識して睡眠改善する。| 疲労回復ホルモンが大事!