快眠系サプリでいびきを改善するvol.1

睡眠時無呼吸状態で夜よく眠れないのなら、睡眠薬を飲めばいいのでは?

と思ったことがある方は多いかと思います。

でも睡眠薬は、かえって睡眠時無呼吸状態を悪化させると言われています。

僕の個人的な見解となりますが「無理やり脳の働きを変化させる医薬品」にはとても抵抗があるので、そもそも治療に睡眠薬を使おうとは思ったことがありません。

そのような薬をその場しのぎで使ってしまいその後もずっと服用しなくていけなくなり、依存から抜け出せず離脱症状に苦しんでいる方も多いと思います。

そのような薬は一切服用せず、自分の中にある治癒力をできるだけ引き出す方法をいつも考えています。

睡眠改善には、

・部屋を真っ暗にする

・寝る2時間ほど前以降はスマホなどブルーライト発する画面を見ないようにする

・半身浴をする

・横向きに寝て鼻呼吸をしやすくする

などなど、良いとされている事はたくさんありますがそれだけで改善を実感できない場合は、自然の成分でできたハーブやアロマ、サプリメントなどで「補助」することも良い方法です。

ただ、睡眠時無呼吸症候群に直接作用するサプリは今のところみたことがありません。

睡眠時無呼吸症候群改善においては、自律神経の安定が最も重要だと僕は考えています。

ですので、不眠、うつ病、パニック障害、自律神経失調症、更年期障害、ストレスなどに効果がある、と言われているサプリを選べば良いかと思います。

有名なのものであれば、「セントジョーンズワート」がいろんなメーカーから出ており、他のサプリに比べて廉価なのでオススメです。

サプリとは少し違うかもしれませんが、僕はマヌカハニーを常用しています。
効果はもちろん人それぞれで違いますが、自律神経の安定に効果があると言われています。それだけではなく、風邪の予防や免疫力アップにも良いとされています。
UMFは15以上を選ぶようにしています。

最近では睡眠に特化したサプリも多数販売されていますので、「睡眠 サプリ」などで検索して自分の出せる範囲の金額、効能、成分などを比べて購入することをお勧めします。

 

【PR】


関連記事

睡眠の質を高める10個の大切なこと

睡眠日記をつけて改善する - 毎日の積み重ねでデータ分析をする

歯ぎしりを改善して治療する | 今すぐできる改善方法

布団ではなくマットレスを使う

ダイエットサプリメント、漢方で改善するvol.1

睡眠時無呼吸症候群のためのおすすめ枕 2017年上半期版